わかやま医療ナビ

2021.08.08(日) 放送

【放送日】2021年08月08日(日)
「国産初 手術支援ロボット hinotori」~和歌山県立医科大学泌尿器科学講座 原 勲教授に聞く~
210808.jpg

低侵襲治療への流れで、開腹手術から腹腔鏡手術、ロボット支援手術へと術式が変遷してきた中、和歌山県立医大では、新たに国産初の手術支援ロボットhinotoriを導入し、月に2回のペースで手術を行っています。同じ低侵襲の手術でも、腹腔鏡手術とロボット支援手術とでは何が違うのでしょうか、また、同じロボット支援手術でも、これまでのダ・ヴィンチとではどう違うのでしょうか。実際にhinotoriの操作もしていただきました。


放送日 8月8日(日)夕方 5時30分  再放送 8月15日(日)夕方 5時30分

放送予定・ご意見募集

番組では、みなさまからの身近な「医療」に関する質問を募集しています。
今後番組で取り上げるテーマについての質問を、はがき、ファックスまたは、Eメールで受け付けています。
リハビリテーション医学講座 田島 文博教授
【9月:げんき開発研究所の取り組み】
ハガキ:〒640-8533テレビ和歌山
    「わかやま医療ナビ」係 
FAX:073-455-1010
メール:iryou@tv-wakayama.co.jp

バックナンバー

【放送日】2021年07月04日(日)
210704.jpg

弁当のごはんに梅干しを入れたら腐らないなど、梅についての伝承を科学的、医学的に実証した結果、梅には細菌の増殖を抑制する静菌作用や体のサビを防ぐ抗酸化作用などがあることがわかった。現在は、静菌作用の面からコロナウイルスについても研究が行われている。125回目となる今回は、機能性医薬食品探索講座の宇都宮洋才准教授に伺います。


放送日 7月4日(日)17:30~  再放送 7月11日(日)17:30~(放送時間変更の可能性あり)
【放送日】2021年06月06日(日)
210606.jpg

むし歯や歯周病により、口の中の状態が悪くなると、栄養摂取への影響をはじめ、食事や会話を楽しむことも難しくなります。また、歯周病は悪化すると歯を失い、全身の病気とつながる場合があります。健康寿命を延ばすにはどうしたらよいのでしょうか。この他、マスクを着けている時間が長くなった今、口の中の環境をよくするにはどのようなことに注意したらよいのかなどを、和歌山県立医科大学歯科口腔外科学講座の松村達志教授に伺います。(第124回放送)


放送日 6月6日(日)17:30~  再放送 6月13日(日)17:30~
【放送日】2021年05月02日(日)
210502.jpg

特定機能病院の承認を受けている県立医科大学附属病院では、医療安全を最優先しています。医療安全の最優先とは、また、どのような先進医療を提供しているのかなどについて、和歌山県立医科大学附属病院 病院長で脳神経外科の中尾直之教授に伺います。


放送日 5月2日(日)17:30~  再放送 5月9日(日)17:30~
【放送日】2021年04月04日(日)
210307.jpg

今年4月に薬学部を開設し、医療系の総合大学となる和歌山県立医科大学。薬学部での特色ある教育展開、また、新たに開設される次世代医療研究センターについて聞きます。 


放送日 4月4日(日)17:30~  再放送 4月11日(日)17:30~
【放送日】2021年03月07日(日)
210307.jpg

99%が骨組織に蓄えられているカルシウム。残りの1%は血液や全ての細胞に存在し、情報伝達物質として、生命活動の中心的な役割を果たしています。例えば、心臓の拍動には、心筋細胞内のカルシウムが関係しています。心臓からの電気信号を受け、カルシウムの量が増減することで、筋肉の収縮と弛緩が繰り返されます。また、細胞内のカルシウムの量も重要で、バランスを崩すと疾患につながる可能性があります。121回目の今回は、和歌山県立医科大学薬理学講座の西谷友重教授にお話しいただきます。


放送日 3月7日(日)17:30~  再放送 3月14日(日)17:30~

番組へのお問い合わせ

■「わかやま医療ナビ」では番組に関するご意見ご感想をお待ちしております。

ハガキ:〒640-8533テレビ和歌山
    「わかやま医療ナビ」係 
FAX:073-455-1010
メール:iryou@tv-wakayama.co.jp
メールフォームはコチラから