ニュース

服感謝祭
  • 2020-02-09(日) 16:51
2月9日の語呂あわせで「服の日」の今日、和歌山市の紳士服販売店が、服に感謝し業界の発展を祈る服の感謝祭を行いました。
感謝祭は和歌山市中之島の志磨神社で行われ、和歌山市の紳士服販売店、株式会社ヴィップガリバーチェーンの小早川正和社長や、取引先の関係者が参列し、宮司の祝詞に続いて、参列者が玉串を捧げ、服への感謝と業界の発展を願いました。
全国服飾学校協会などが定めた2月9日の「服の日」に合わせて昭和56年に始まった感謝祭は、今年で40回目を迎え、小早川社長は、「ここまできたのは皆さんのおかげ、今後も続けていきたい」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る