ニュース

ソウル体育高校生徒ら 来県
  • 2020-02-08(土) 19:11
県立和歌山北高校と姉妹校提携している韓国のソウル体育高校の関係者がこのほど、県教育委員会の宮崎泉教育長を訪問しました。宮崎教育長を訪問したのは、ソウル体育高校のキム・ナックョン校長をはじめ、レスリング部の監督や部員、合わせて21人と、和歌山北高校や県レスリング協会の関係者です。ソウル体育高校は、韓国で最も歴史のある公立の体育学校で、平成23年には、競技力の向上などを目的に、和歌山北高校と姉妹校提携をしました。この日は、和歌山北高校の新田圭子教頭が姉妹校提携の経緯などを紹介したのに続いて、ソウル体育高校のキム校長が「和歌山に招待してくれてありがとうございます」と挨拶しました。その後、宮崎教育長は、ソウル体育高校の特徴や卒業後の進路などを質問していました。ソウル体育高校の生徒たちはこの日、和歌山北高校の授業に参加したほか、県内の高校生と一緒に練習しました。(※崎の旁上部は立)

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る