ニュース

環境学習 成果発表会
  • 2020-02-08(土) 19:02
小中学生が環境について学習したことや取り組みを発表する催しが今日、紀の川市で行われました。この催しは、小中学生に地球温暖化や省エネルギーといった環境学習の発表の場を提供することなどを目的に紀の川市地球温暖化対策協議会が開きました。発表には3校が参加し、はじめに紀の川市の西貴志小学校の児童が地元のクリーンセンターで学習したペットボトルや缶、瓶などの正しい捨て方について発表しました。続いて、貴志川中学校の生徒は、学校や駅周辺で行っている清掃などの活動について紹介した上で、節電や植物を植えることなど環境について自分たちが出来ることを提案しました。また和歌山大学教育学部附属中学校の生徒らは持続可能な社会の実現を目指して国連が定めた行動目標、SDGsを達成するため、紀の川市の企業が行っている取り組みについて報告しました。会場には教育関係者や児童生徒の保護者も多く訪れ、子供たちの発表を真剣な表情で聞き入っていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る