ニュース

智辯和歌山黒川選手ら優秀選手表彰
  • 2020-01-24(金) 19:11
日本学生野球協会の今年度の優秀選手に、智辯学園和歌山高校硬式野球部3年の黒川史陽選手が選ばれました。
表彰伝達式は今日、和歌山市冬野の智辯和歌山高校で行われ、県高校野球連盟の伊藤誠悟専務理事から黒川選手に表彰盾が贈られました。黒川選手は、智辯和歌山の主力選手として5季連続で甲子園に出場。責任感の強い主将としてチームをまとめてきたことから、今回、県高野連の推薦を受けて優秀選手に選ばれました。黒川選手は明日、卒業式に出席し、来月1日からはプロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの1軍の春季キャンプに参加することになっていて、「高校で学んだことをプロで生かし、1年目から1軍という気持ちで、将来は日本人が達成したことのない4割打者を目指したい」と意気込みを述べていました。
優秀選手は、毎年26の大学野球連盟と47の都道府県高野連から1人ずつ選ばれ、県関連では近畿学生野球連盟から県立桐蔭高校出身で和歌山大学4年の貴志弘顕投手も表彰されています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る