ニュース

児童らがオリジナル瓦作りに挑戦
  • 2020-01-24(金) 18:46
子供たちにものづくりの楽しさを知ってもらおうと、和歌山市の小学校で今日、県職業能力開発協会の体験講座が開かれ、児童とその保護者らがオリジナルの瓦づくりに挑戦しました。
体験講座は今日、和歌山市弘西の市立紀伊小学校体育館で開かれ、1年生の児童とその保護者ら約100人が参加しました。この講座は、県職業能力開発協会が県内の小・中・高校などで開いているもので、毎回、高度な技能を持った職人の「ものづくりマイスター」らが講師を務めます。今日は、県屋根工事業協会に所属するものづくりマイスターらが子供たちを指導しました。子供たちは25センチ角の屋根瓦用の土粘土にそれぞれの手形をとり、竹串やヘラを使って模様や似顔絵などを描いていきました。また、廃材の瓦を細かく砕いたリサイクルチップ材を使った鉢植え作りにも取り組み、子供たちはスコップを使って慎重に作業していました。
今日作った瓦は乾燥させてから焼かれ、約1ヵ月後には完成し、学校へ届けられるということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る