ニュース

ニホンオオカミのはく製展示
  • 2020-01-12(日) 19:05
世界に4体しか現存しない、貴重なニホンオオカミのはく製が海南市の県立自然博物館で展示されています。
このニホンオオカミの剥製は、奈良県南部で捕獲されたもので、体長は1メートル、高さは73センチで、現在は、和歌山大学教育学部が所有しています。ニホンオオカミは、明治38年に奈良県で捕獲されたのを最後に記録がなく、絶滅したと考えられていて、県立自然博物館によりますと、剥製も、国内に3体、海外に1体しかなく大変貴重だということです。展示されている剥製は、全体的に筋肉質で、視線は獲物を狙っているかのように鋭く、今にも跳びかかってきそうな躍動感を感じさせます。
この特別展示は、来月2日まで行われます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る