ニュース

越冬木熟みかん出荷最盛期
  • 2020-01-10(金) 14:48
田辺市の農園で、木に成らせたまま年を越し熟成させた早.生ミカン「越冬木熟みかん」が出荷の最盛期を迎えています。
田辺市芳養町大坊にある岸本一弘さんの農園では朝から越冬木熟みかんの収穫作業が行われています。
越冬木熟みかんは春に開花した早生の温州ミカンを木に成らせたまま熟成させ、年を越して収穫するもので、房の皮が薄く甘くコクのある味が特徴です。
岸本さんは「今年は天候も良く糖度と酸味がうまく交わり最高の味に仕上がっています」と話していました。
収穫は2月中旬まで行われる予定で東北や関東方面などにおよそ850トンの出荷を見込んでいます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る