ニュース

幼稚園「初釜」 作法学ぶ
  • 2020-01-09(木) 18:24
岩出市の幼稚園で今日、新年恒例のお茶会、「初釜」が行われ、園児たちがお茶席での作法を学びました。岩出市相谷のおのみなと紀泉台幼稚園では、子供たちに日本の伝統文化に触れてもらおうと、毎年、新年のお茶会「初釜」を行っていて、今日は5歳児のおよそ60人が参加しました。お茶会は、園内の作法室で行われ、子供たちは、出された茶菓子を味わったあと、先生から茶碗の回し方や飲み方など、お茶席での作法を教わり、お茶をいただきました。飲み終えた子供たちは、みんなで声を揃えて「結構なお点前でした」とお辞儀をしていました。初釜は明日と来週14日にも行われ、4歳児や3歳児らが参加するということです。また今日は、生け花の「初生け」も行われ、子供たちはカーネーションやスターチスなど6種類の花を生けて、日本の伝統文化を楽しんでいました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る