ニュース

県警 年頭視閲式
  • 2020-01-09(木) 18:21
県警の年頭視閲式が今日、和歌山市で行われ、警察官らが今年一年の治安維持に向け士気を高めました。和歌山市毛見の和歌山マリーナシティ駐車場で行われた県警の年頭視閲式には、警察官らおよそ400人が参加し檜垣重臣本部長や仁坂知事、県公安委員会の中野幸生委員長らが、部隊を巡閲し、服装や装備などを点検しました。続いて、交通機動隊の白バイ部隊が蛇行やS字など、迫力ある走行を披露したほか、制服警察官や特殊車両、それに警察犬などが統率のとれた行進を繰り広げました。檜垣本部長は「職員の一人一人が執行力を高め、各部門が連携を強化して総合力を発揮してほしい」と訓示、来賓の仁坂知事は、「初心を忘れることなく、努力を続けてください」と激励しました。県警の今年の運営指針は、「県民の期待と信頼に応える強さと優しさを兼ね備えた警察」で重点目標として、悪質・重要な犯罪の徹底検挙や交通事故総量を抑止する総合対策の推進、テロ・大震災等緊急事態対策の推進などを挙げています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る