ニュース

大きなクリスマスリース
  • 2019-12-03(火) 18:40
来館者にクリスマス気分を感じてもらおうと、海南市の県立自然博物館に今日、大きなクリスマスリースが飾られました。
海南市船尾の県立自然博物館玄関ホールでは、リニューアルが行われた3年前から季節展示が行われていて、今日、直径約1メートルのクリスマスリースが飾られました。このクリスマスリースは、博物館の敷地内にあるヒノキ科の常緑樹を剪定した際の、葉や枝を活用して地元の中学生が作ったもので、今日は職員の内藤麻子主査学芸員が、来館者などから譲り受けたクリスマス飾りや周辺で採取した松ぼっくりなどを丁寧に飾り付けていきました。内藤さんは、「クリスマスリースを見ることで季節の移り変わりを感じてほしい」と話していました。
このクリスマスリースの展示は12月25日までで、県立自然博物館では12月15日と22日に、サンタクロースに扮した職員が大水槽を掃除して来館者を楽しませる予定です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る