ニュース

12月定例和歌山市議会開会
  • 2019-12-02(月) 19:00
和歌山市の12月定例市議会が今日開会し、一般会計補正予算案などが提案されました。
今日開会した和歌山市の12月定例市議会に提案されたのは23議案で、このうち一般会計補正予算案はおよそ1億6200万円です。主な内訳では、和歌山市出身の作家、故有吉佐和子さんが暮らした東京都内の邸宅の移転復元に向け、南海和歌山市駅前の原動機付自転車駐車場の解体撤去工事費用におよそ8200万円、また、市民図書館跡地に来年4月の開学を予定していた専門職大学の開学時期の延期に伴う、書籍の運搬費用などおよそ1600万円の減額補正などです。また条例関係では、旧市立伏虎中学校跡地で建設が進められている新しい市民会館の名称を、公募で選ばれた「和歌山城ホール」とすることなどが提案されました。
和歌山市の12月定例議会の会期は今日から20日までの19日間で、4日から10日にかけて一般質問が行われるほか、11日から17日にかけて常任委員会が開かれ、20日に採決して閉会する予定です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る