ニュース

おもしろ環境まつり
  • 2019-12-01(日) 16:51
楽しみながら環境保全について学ぶことができる体験型イベント「おもしろ環境まつり2019」が今日、和歌山市で開かれました。
この「おもしろ環境まつり」は、一般的に手間暇をかけて我慢して行うと思われている環境保全やエコ活動について、本当は楽しく面白いものであると知ってもらおうと、県地球温暖化防止活動推進センターや和歌山大学、一般財団法人和歌山環境保全公社などでつくる実行委員会が2年前から毎年開催しています。
会場となった和歌山市美園町のみその商店街では、「気候変動防止と防災」「エネルギー」「食と水」など5つのテーマに関する62の体験型展示ブースが並び、参加した人は体験を通して環境保全や持続可能な社会の実現について学びました。
また会場のステージでは「子供たちから大人へ~環境問題への取り組み発表~」と題して雑賀小学校や和歌山大学教育学部附属小学校、和歌浦小学校の児童が課外授業で取り組んだ環境問題についての発表のほか、落語家、桂枝曾丸さんの防災クイズなども行われ、2000人近い人で賑わいました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る