ニュース

献血を呼びかけ
  • 2019-11-17(日) 18:32
冬場に不足しがちな輸血用血液の確保につなげようと、今日、和歌山市の商業施設駐車場で、買い物客らに献血を呼びかける活動が行われました。
和歌山市松江のメッサオークワガーデンパーク和歌山店の店舗前駐車場に今日、県赤十字血液センターの献血バスが出て、訪れた人たちが献血に協力していました。今日は和歌山市の社会奉仕団体「和歌山城南ロータリークラブ」のメンバーも集まり、訪れた人に献血を呼びかけました。和歌山城南ロータリークラブでは、平成7年の阪神淡路大震災をきっかけに、毎年春と秋の2回、県赤十字献血センターの活動に参加していて、今日は、クラブのメンバーが献血に協力してくれた人たちに、花の苗とタマゴのパックをプレゼントしました。
献血された血液は、県内の病院で手術が行われる際に輸血用として使われますが、特に夏場と冬場は、献血協力者が少なくなるのが現状で、関係者は、献血への協力を広く呼びかけています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る