ニュース

食中毒 焼き鳥店営業停止処分
  • 2019-11-05(火) 17:20
先月、和歌山市の焼き鳥店「櫻の都」で食事をした女性3人が下痢などの症状を訴え、うち2人の便から細菌のカンピロバクターが検出されました。和歌山市保健所は3人の症状が似ていることや共通した食事がほかにないことから、この店が提供した食べ物を原因とする食中毒と断定、店を5日から3日間の営業停止処分としました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る