ニュース

プロ野球ドラフト会議 県関係
  • 2019-10-17(木) 21:20
プロ野球のドラフト会議が今日、東京都で行われ、県関係では智辯学園和歌山高校の黒川史陽選手が東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名、東妻純平選手が横浜DeNAベイスターズから4位指名、東北福祉大学の津森宥紀投手が福岡ソフトバンクホークスから3位指名を受けました。
楽天から2位指名を受けた黒川選手は、右投げ左打ちの大型内野手で、1年の夏から3年の夏まで5季連続で甲子園に出場。2年春の選抜大会では、6番セカンドとしてチームの準優勝に大きく貢献し、3年生となった今年は主将としてチームを牽引しました。
一方、DeNAから4位指名を受けた東妻選手は、強肩強打の捕手として1年の夏から3年の夏まで5季連続で甲子園に出場。今年の甲子園では春夏ともにホームランを放ちました。東妻選手の兄、勇輔投手は去年のドラフトで千葉ロッテから2位指名を受けています。
二人が指名を受けた、和歌山市の智辯和歌山高校では今夜、記者会見が開かれました。黒川選手は「予想以上の高い評価に自分でもびっくりしています。打つ事には自信があるのでバッターとして日本人がまだ達成した事がない4割打者を目指して頑張っていきたい」と喜びを語りました。一方、東妻選手は「素直に嬉しい。喜びは両親に一番に伝えたい。肩の力、フットワークを評価されたと思うので更にレベルアップして頑張っていきたい」とプロでの活躍に思いを馳せていました。会見の後、グラウンドに出た黒川選手と東妻選手は、ドラフトで指名を受けたことを報告すると、チームメイトから胴上げされるなど熱い祝福を受けていました。
また、和歌山東高校出身で東北福祉大学の津森宥紀投手がソフトバンクから3位指名を受けました。津森投手は和歌山市出身で、右のサイドハンドから繰り出す最速150キロに迫る速球を武器に、高校2年の秋にはエースとして近畿大会出場。東北福祉大学では1年春のリーグ戦から活躍し、2年、3年時には大学日本代表にも選ばれました。
その他、御坊市出身で大阪桐蔭高校の中田惟斗投手がオリックスバファローズから育成ドラフトの3位指名を受けています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る