ニュース

由良町 漁港等の災害復旧協定締結
  • 2019-10-16(水) 18:21
地震や津波などの自然災害で漁港などが被災した際に、円滑な災害復旧を行っていくための協定が今日、由良町と、東京の建設コンサルタント団体との間で結ばれました。
由良町役場で行われた「漁港等の施設の災害復旧支援に関する協定」の締結式には、畑中雅央町長と、一般社団法人水産土木建設技術センターの宇賀神義宣理事長らが出席し、協定書にサインしました。協定は、由良町が管理する漁港や海岸の施設などが津波や地震などの災害で被災した場合、施設の迅速な復旧を図るため、水産関係の土木施設に関して専門的な技術や業務の蓄積がある水産土木建設技術センターに災害復旧支援を要請するものです。支援の内容は、災害の状況を確認するために行う現地調査や、国への災害報告に必要な資料の作成、災害査定に必要な関係資料の作成など5項目で、調査や資料作成などにかかる費用は由良町が負担するということです。
水産土木建設技術センターは今回と同じような協定をこれまで全国8つの自治体と結んでいて、由良町との締結は県内では初めてです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る