ニュース

中村恵伍さん 被災地支援の個展
  • 2019-10-16(水) 18:14
先日の台風19号で被災した人たちに役立ててもらおうと、和歌山市在住の画家による作品の展示販売会が、今日から和歌山市のギャラリーで始まりました。
この展示販売会は、具象絵画の全国的な美術家団体「示現会」の和歌山支部長で、和歌山市で創作活動を続ける画家、中村恵伍さんが開きました。和歌山市湊通丁北のホテルアバローム紀の国ギャラリー龍門で今日から始まった展示販売会では、中村さんの心象風景を投影した具象画やパステル画あわせて54点が展示販売されています。東日本大震災直後の平成23年に個展を開いた中村さんは、被災者に役立ててもらおうと、売上げの半分を県に寄付しました。今回も作品の売上げの半分を、先日の台風19号で被災した地域への義援金として寄付するということです。
中村恵伍さんの作品展示販売会は、和歌山市湊通丁北のホテルアバローム紀の国ギャラリー龍門で今月21日まで開かれています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る