ニュース

スクエアダンスのパーティー
  • 2019-10-16(水) 18:06
県内唯一のスクエアダンスクラブの結成15周年を記念したダンスパーティーが今日、和歌山市で開かれました。
和歌山市三沢町の中央コミュニティセンターで開かれたこの催しは、今年で結成15年を迎えた和歌山スクエアダンス協会、「きのくにスクエアーズ」が企画したもので、会員のほか、大阪や兵庫など県内外の愛好者ら合わせておよそ70人がダンスを披露しました。スクエアダンスは、開拓時代のアメリカでギターやバンジョーなどの楽器に合わせて踊ったのが始まりとされています。カップル4組の8人が四角い隊形を作って踊り始めることからスクエアダンスと呼ばれていて、ダンスの動きを指示する役「コーラー」の掛け声に合わせ、8人が次々に隊形を変えたりペアを替えたりしながら踊ります。
参加者たちは、会場に流れる音楽の軽快なリズムに乗りながら、ダンスを楽しんでいる様子でした。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る