ニュース

全国高校サッカー和歌山大会抽選会
  • 2019-09-19(木) 19:25
来月26日に開幕する第98回全国高校サッカー選手権和歌山大会の組み合わせ抽選会が今日、和歌山市で行われました。
和歌山市西浜の県立和歌山工業高校で行われた組み合わせ抽選会には、出場校の監督やキャプテンらが出席しました。今大会には31校が出場し、組み合わせでは、今年の5月から6月に行われた県高校総体でベスト8に入ったチームがシード校となり、3回戦から登場します。
抽選の結果、一つ目のゾーンには県高校総体の優勝校で第1シードの初芝橋本やベスト8のシード校、近大和歌山が入りました。二つ目のゾーンは、ベスト4のシード校、海南とベスト8のシード校和歌山南陵が入りました。三つ目のゾーンには、ベスト4のシード校、橋本とベスト8のシード校近大新宮が入っています。四つ目のゾーンは、県高校総体準優勝で第2シードの和歌山北、ベスト8のシード校、田辺、それに実力校の和歌山工業などが入り、それぞれゾーン突破に向け戦います
。第98回全国高校サッカー選手権和歌山大会は来月26日に開幕し、準決勝は11月15日、決勝は11月17日、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で行われます。なお、テレビ和歌山では準決勝と決勝の試合の模様を実況生中継で放送する予定です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る