ニュース

野菜フェスタ
  • 2019-08-25(日) 19:45
野菜の持つ秘めた力やすばらしさを社会に発信するイベント、「野菜フェスタinWaKaYaMa2019」が今日、和歌山市で開かれました。これは、イベントの趣旨に賛同した料理や医療、教育の分野で活動している人たちでつくる「野菜でげんき・和歌山」応援隊が8月31日の「野菜の日」にちなんで8年前から毎年8月に開催しています。今日のイベントでは、県の角谷博史農林水産部長や和歌山市の尾花正啓市長の挨拶に続いて、「野菜でげんき・和歌山」応援隊代表世話人の南條輝志男和歌山労災病院院長が基調講演を行い、「令和時代の輝かしい未来を野菜に託し、今回は野菜とみらいをテーマにしました」と話しました。今日は、野菜や加工品の展示販売をはじめ、料理研究家らによる「野菜」にまつわる講演、児童、園児らの絵画や標語の作品展示など、様々な催しが繰り広げられました。今回で9回目となるこのイベント、年々訪れる人も増え、今日も8000人を超える人で賑わいました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る