ニュース

INAC神戸 上富田町でキャンプ入り
  • 2019-08-14(水) 19:56
日本女子サッカーリーグに所属するチームが昨日、上富田町で合宿に入り、歓迎のセレモニーが行われました。今回、チーム力の強化を目的にトレーニングキャンプを行うのは、神戸市に本拠地をおき、「なでしこリーグ」、日本女子サッカーリーグ、1部に所属する「INAC神戸レオネッサ」です。「INAC神戸レオネッサ」には今年6月から7月に開かれた女子ワールドカップフランス大会に日本代表として出場した鮫島彩選手や岩渕真奈選手、中島依美選手らが所属しています。歓迎セレモニーには選手らスタッフ29人と上富田町の奥田誠町長らが出席、奥田町長が選手らに南高梅と花束を贈ると、選手らからは、チームのユニホームが手渡されました。INAC神戸レオネッサが上富田スポーツセンターでキャンプをおこなうのは今回が初めてで、中島依美キャプテンは、「天然芝のグランドなどサッカーに集中できるすばらしい環境です」と話していました。キャンプは今月16日までで、トレーニングは一般公開されます

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る