ニュース

お盆の墓参り
  • 2019-08-13(火) 16:07
盆の入りの今日、県内各地の墓地や寺では先祖の霊を供養する家族連れらの姿が見られました。
和歌山市今福の今福霊園は、宗派を問わない市営の共同墓地で、大正7年に開設され、霊園の管理事務所によりますと、およそ7000基の墓があるということです。
盆の入りの今日は、午前中から、花や線香を持った家族連れらが訪れていました。
墓参りの人たちは、蒸し暑さに噴き出す汗を拭きながら、それぞれの墓の周りの草引きをし、墓石を磨いたあと、花を供えて線香をたき、先祖の霊を供養していました。
今福霊園では墓参りの人が増える今月31日まで、車が出入りできる2ヵ所の門を24時間空けていて、熱中症にならないよう涼しい時間帯の墓参りを勧めています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る