ニュース

和歌山県新人演奏会
  • 2019-08-11(日) 17:49
次世代のクラシック音楽界を担う若手奏者が演奏を披露する「和歌山県新人演奏会」がきょう、和歌山市で開かれました。
この県新人演奏会は、県内出身や県内の学校に在籍または卒業するなど、和歌山にゆかりのある20歳から35歳の人を対象に、次世代のクラシック音楽界を担う若手奏者を発掘し、紹介しようと、県と県文化振興財団が文化振興事業の一つとして毎年開いているものです。
和歌山市の県民文化会館大ホールで開かれたきょうの演奏会には、5月に行われたオーディションに合格した8人と、かつてこの新人演奏会に出演経験のある2人が出演して演奏を披露し、会場に詰め掛けた音楽ファンを魅了しました。今回で47回目となるこの新人演奏会、これまでに812人が出演し、神戸女学院大学学長で声楽家の斉藤言子さんや筝曲家の西陽子さんらプロの演奏家として活躍している人も出ています。
なお、今日の新人演奏会では、今後の音楽活動への期待と激励を込め、優れた演奏を行った人に贈られる特別奨励賞に、ピアノの榎本咲良さんが選ばれました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る