ニュース

有田川鉄道公園エコフェスタ
  • 2019-08-10(土) 14:39
有田川町の鉄道公園で環境問題を啓発する催しが今日から始まり、廃油を燃料にして走るSL、蒸気機関車が運行しています。
「SDGs号」と名づけられたSLの運行を前に行われた出発式典には、有田川町の中山正隆町長も出席し「環境問題を子供たちに少しでも理解していただきたい」と挨拶しました。
つづいて、中山町長とSLを所有するアチハ株式会社の阿知波みどりさんがヘッドマークの除幕をして、前面にSDGsの17色のカラーホイールのヘッドマークを付けたSLは走り出しました。
この「有田川鉄道公園エコフェスタ」は、有田川町が循環型で持続可能なエコな町づくりを進めていることと、アチハ株式会社が環境経営方針を打ち出していることから今回初めて開かれました。
SLは、使用済みの食用油を精製したバイオ燃料走り、子供たちも列車に乗り込み往復およそ800mのSLの旅を楽しんでいました。
このエコフェスタは今月12日まで開かれ、期間中、SLの燃料になる使用済みの食用油を持参した先着50人に、SDGs応援すごろくがプレゼントされます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る