ニュース

八月八日は「屋根の日」
  • 2019-08-08(木) 18:37
「屋根の日」の今日、和歌山市では、国の重要文化財に指定されている「旧中筋家住宅」の瓦屋根の保全作業が行われました。
漢数字の「八」の字が屋根の形に似ていることから、屋根瓦業者の団体、全国陶器瓦工業組合連合会では、8月8日を「屋根の日」と定めていて、伝統的な瓦屋根の保全活動を今日、全国一斉に行いました。このうち、県屋根工事業協会は、和歌山市禰宜の国指定重要文化財「旧中筋家住宅」の屋根全体の状態をドローンを使って調べ、瓦職人が、主屋や表門、長屋蔵など6棟の瓦のずれを直しながら清掃しました。「旧中筋家住宅」は、12年ほど前に瓦の修復作業が行われているため、大きな破損はないという事ですが、県屋根工事業協会の山本裕久理事長は「旧中筋家住宅には、20万枚ほどの瓦が使われていると見られ、ほとんどが特注品なのでこれからの保全活動が重要です」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る