ニュース

和歌山市の男性O‐157に感染
  • 2019-07-11(木) 18:59
和歌山市在住の40代の男性から腸管出血性大腸菌0‐157が検出されたことがわかりました。和歌山市保健所によりますと、男性は今月4日に腹痛を起こし、その後、下痢や血便などの症状が出たため医療機関で受診したもので、検査の結果、昨日、0‐157が検出されました。感染した原因は不明で、男性は現在も通院して治療中ですが、症状は快方に向かっているという事です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る