ニュース

大阪の百貨店で県産桃をPR
  • 2019-07-11(木) 18:57
和歌山の「桃」をPRしようと、大阪市の百貨店で昨日から、販売促進のイベントが始まりました。
このイベントは、JA和歌山とJA紀の里が、旬の味をPRしようと毎年行っていて、大阪市の阪急うめだ本店地下1階ツリーテラスには、今が最盛期の品種、紀の川市桃山町産の白鳳がずらりと並べられています。JA和歌山では、特に上質な県産農産物のブランド化と、県外へのPRに力を入れていて、JA紀の里では、厳しい基準を満たした桃を、「あら川の桃」や「百果桃」として売り出し、関西圏を中心に人気を集めています。昨日は、試食コーナーを設けて買い物客らに桃をPRしたほか、洋菓子店やフレッシュジュースを扱う店では、桃を使ったケーキやジュースを販売しました。桃の旬は、白鳳から、間もなく清水白桃や川中島白桃に変わり、県産の桃はお盆ごろまで楽しめます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る