ニュース

アルテリーヴォ惜敗
  • 2019-07-11(木) 18:54
天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会は10日、2回戦で和歌山県代表のアルテリーヴォ和歌山とJ1のセレッソ大阪が対戦し、延長戦の末、アルテリーヴォは1対3で惜しくも敗れました。
試合は大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居で行われました。前半、右から左に攻める黄色のユニフォームがアルテリーヴォ、左から右に攻めるピンクのユニフォームがセレッソです。試合が動いたのは前半38分、セレッソの13番、高木がディフェンダーを上手くすり抜けゴール、セレッソが1点をリードし前半を終えました。後半に入った直後の7分、アルテリーヴォは9番、林祥太のシュートで、同点に追いつきます。この後、両チーム無得点のまま、試合は延長戦になりました。延長の前半8分、セレッソ9番山下がコーナーキックに頭で合わせこれが決勝点になりました。さらにもう1点追加されて、アルテリーヴォは1対3で惜しくも敗れ、3回戦進出はなりませんでした。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る