ニュース

県立近代美術館 夏休みの展覧会
  • 2019-07-09(火) 18:46
和歌山市の県立近代美術館で、今年も夏休みの展覧会が今日から始まりました。
県立近代美術館は毎年、夏休みにあわせて展覧会を開催しています。9回目の今年は、「水と美術feat坂井淑恵」と題して、水のさまざまなあり方を表現した絵画や立体作品など、45人の作家の作品68点が出展されています。今回は、和歌山市在住の画家坂井淑恵さんの油絵が12点出展されていて、入口を飾っています。そのほか、発泡スチロールを使った中西學さんの作品や、小清水漸さんの木のオブジェなど個性的な作品から、佐伯祐三、川口軌外、建畠覚造などの有名作家の作品、それに日本画まで幅広く展示されています。県立近代美術館の奥村泰彦教育普及課長は、「どの作品も水を題材にしています。生活の中の水が作品でどう表現されているか見つけてほしい」と話しています。
「水と美術feat坂井淑恵」は和歌山市吹上の県立近代美術館で9月8日まで開かれていて、今月14日の午後2時から坂井淑恵さんの講演会が行われます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る