ニュース

龍宮乙姫役と女官役が決定
  • 2019-07-07(日) 18:47
紀三井寺千日詣のメインを飾る「龍宮乙姫龍灯献上行脚」で、主役の「龍宮乙姫」役に岩出市の女性が選ばれ、今日、発表されました。
発表とお披露目は今日、和歌山市のダンススタジオで行われ、龍宮乙姫役は、岩出市の非常勤講師、中兀花波さん25歳に決まりました。また、乙姫をサポートする女官役には、和歌山市の高校生岸本夕夏さん16歳、和歌山市の専門学校生向井明日香さん20歳、和歌山市の高校生山本沙輝さん16歳、和歌山市の大学生山本帆の華さん20歳の4人が選ばれました。
和歌山市の紀三井寺では、毎年8月9日に行われる「紀三井寺千日詣」の起源とされる故事に因み、「紀三井寺・龍宮乙姫伝説」を再現したパレード「龍宮乙姫龍灯献上行脚」を2年前から行っていて、去年から主役の龍宮乙姫役を一般公募していました。
中兀さんは、「やさしく、おおらかで柔らかい乙姫をイメージし、しなやかに舞うことができるよう頑張ります」と話していました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る