ニュース

ひきこもり・ニートのための講演会
  • 2019-07-06(土) 15:55
高校中退や引きこもり・ニートを経験した大学教員、田中喜行さんの講演会が今日、和歌山市で行われました。
この講演会は、ひきこもりやニートの子供を持つ親や支援者などに、当事者との関わり方を知ってもらおうと開催されたもので、天理大学人間学部総合教育研究センター助教の田中喜行さんが講演しました。
田中さんは有田地方出身の31歳で、幼少期よりいじめに苦しみ、高校生の時に不登校となり、ひきこもり生活を体験しましたが、高校卒業程度認定試験を取得した後、神戸大学大学院博士課程を卒業し、現在はニート・ひきこもりについて経済学の立場から研究しています。
講演の中で田中さんは「子供の感情や行動にブレーキをかけず、『どうしたらいいんやろ?』という疑問には積極的に一緒に考え、小さな成功を積み上げてほしい」と話し、ニートや引きこもりにはどの様な支援が必要なのか説明しました。
会場にはおよそ20人が集まり、子供とのかかわり方について参考にしようと熱心に聞き入っていました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る