ニュース

6月定例県議会 開会
  • 2019-06-11(火) 19:33
6月定例県議会が今日開会し、県は防災や減災の対策費などおよそ263億5200万円の一般会計補正予算案を含む24の議案を提案しました。今日開会した県議会の本会議では、はじめに会期を今月27日までの17日間とすることが決められました。県はこの6月議会に国の「防災、減災、国土強靭化のための3ヵ年緊急対策」などを活用して防災、減災を進める費用を盛り込んだおよそ263億5200万円の一般会計補正予算案をはじめ、条例案などあわせて24の議案を提案、仁坂知事が提案理由を説明しました。予算案には県道海南金屋線のバイパス工事などの道路の改良に121億9900万円あまり、紀の川自転車道かつらぎ大谷工区などサイクリングロードの整備費として5千万円あまりが計上されています。6月定例県議会は、今月18日から21日まで一般質問が行われた後24日、25日の常任委員会を経て27日に閉会する予定です。

最新ニュース一覧

TOPへ戻る