ニュース

ビーウィズ 企業の森に参画
  • 2019-05-16(木) 18:02
東京都に本社を置くコールセンター運営会社、ビーウィズが、県が取り組む「企業の森事業」に参画することになり、昨日、森林保全や管理に関わる協定の調印式が行われました。
森林保全や管理に関わる協定の調印式は、県庁知事室で行われ、ビーウィズ株式会社の秦康雄代表取締役社長と仁坂知事、それに、実施地となる日高川町の久留米啓史町長がそれぞれ協定書に署名しました。県が取り組む「企業の森事業」は、企業や団体などに、社会環境貢献活動の一環として県内の森林環境保全に様々な形で取り組んでもらうもので、これまで、あわせて81の企業や団体が参画しています。ビーウィズは東京都新宿区に本社を置き、コールセンターの運営などを行う会社で、全国に事業所を持ち、和歌山市にも事業所を置いています。調印式の後、秦社長は、「この森林保全活動が、人間として豊かな心で仕事ができるきっかけになれば」と話していました。
ビーウィズは日高川町山野の森林で今後10年間にわたり植栽や下草刈りなどの森林保全活動に取り組むことになります。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る