ニュース

愛鳥週間用ポスター原画作品の展示
  • 2019-05-10(金) 18:33
野鳥とその生態系を守ろうという愛鳥週間が今日から始まり、県の愛鳥週間用ポスター原画コンクールに入賞した作品が和歌山市の「きのくに志学館」で展示されています。
和歌山市西高松の「きのくに志学館」では、平成31年度愛鳥週間用ポスターの原画コンクールに入賞した作品29点が今日から展示されています。コンクールには県内の小・中・高校など105校から686点の応募があり、9点が特選、20点が入選しました。このうち、花の蜜を吸いに来た2羽のメジロを描いた和歌山市立和歌山高校3年辻ひなのさんの作品は全国審査でも入選しました。作品を見た和歌山市在住の女性は、「細かく観察されていて、野鳥に対する愛情が伝わってきます」と話していました。
入賞作品はきのくに志学館で今月14日まで展示された後、田辺市の県立情報交流センターBig・Uで今月16日から21日まで展示されます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る