ニュース

3市 市議会議員選挙告示
  • 2019-04-14(日) 19:23
統一地方選挙の後半戦として行われる、任期満了に伴う和歌山市と橋本市、新宮市の市議会議員選挙が今日、告示され、合わせて86人が立候補して7日間の選挙戦に入りました。
このうち和歌山市議会議員選挙の立候補の受付は、今日午前8時半から和歌山商工会議所で行われ、各陣営の関係者が訪れました。受け付け順を決めるくじを引いたあと、立候補の届け出を済ませた陣営の関係者は、和歌山市選挙管理委員会の職員から、街頭演説用ののぼりや運動員用の腕章などを受け取り、足早にそれぞれの選挙事務所へと向かいました。
定数38の和歌山市議会議員選挙には、現職32人、新人13人の合わせて45人が立候補しました。党派別では自民党が7人、立憲民主党が1人、国民民主党が2人、公明党が8人、共産党が6人日本維新の会が2人、幸福実現党が1人、無所属が18人です。
一方、今回から定数が2つ削減され18となった橋本市議会議員選挙には、現職18人、新人3人、元議員1人の22人が立候補しました。党派別では自民党が2人、公明党が2人、共産党が2人、無所属が16人です。
また、今回から定数が2つ削減され15となった新宮市議会議員選挙には、現職12人、新人6人、元議員1人の19人が立候補しました。党派別では、自民党が1人、公明党が2人、無所属が15人です。
少子高齢化などに伴う人口の減少や防災への対策、公共施設を巡る施策などを争点に7日間の選挙戦に入った、和歌山市、橋本市、新宮市の市議会議員選挙は、明後日告示されるすさみ町の町長選挙や5つの町の町議会議員選挙とともに、今月21日に投開票が行われ、即日開票されます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る