ニュース

グループPA.KO展
  • 2019-04-11(木) 18:51
和歌山市の絵画教室で講師を務める画家が、生徒らと合同で作品を発表する作品展が、今日から和歌山市内3つのギャラリーで始まりました。この「グループPA.KO展」は新世紀美術協会会員の岩崎奈美さんと二科会会友の田中とも恵さん、独立美術協会準会員の土井久幸さんの3人が教える絵画教室の合同発表展で、今回で11回目を迎えました。3人の指導者をはじめ、27歳から89歳までの生徒58人が描いた油絵やアクリル画など、さまざまな画材を使った作品およそ180点が和歌山市内の3つの会場にわけて展示されています。このうち、和歌山市湊通丁南の「ギャラリー白石」には、和歌山城一の橋の風景やもみじが目をひく秋の高野山などの個性的な作品が展示されています。また講師3人が「音」を題材に描いた作品も並び、来場者の目を楽しませています。この展覧会は、今月15日まで、ギャラリー白石のほか、ホテルアバローム紀の国2階の「ギャラリー龍門」、和歌山市広道の「ギャラリーTB」の3会場で開かれています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る