ニュース

和歌山信愛大学 落成式
  • 2019-04-10(水) 18:33
和歌山信愛大学のキャンパスでは、校舎の完成を祝う落成式が行われました。
和歌山市住吉町の、旧市立本町小学校の校舎などを改装した和歌山信愛大学の落成式には、来賓や教職員らおよそ100人が集まり、はじめに森田登志子学長が「小学校の良さを残しながらも、大学らしくして頂き、大変嬉しく思います」と謝辞を述べました。続いて森田学長から校舎の施工会社の代表者らに感謝状が贈られました。
式のあと、校舎内の内覧会が行われました。和歌山信愛大学は、和歌山市の学校法人和歌山信愛女学院が運営する4年制の大学で、去年8月末に文部科学省の認可を受け、今月1日に開学しました。小学校教諭と幼稚園教諭の免許状と保育士資格を同時に取れる県内唯一の大学で、地域の活性化を担う人材の育成に務めます。
和歌山市では和歌山信愛大学の開学が、保育士の確保や、若年層の市外への流出抑制、中心市街地の賑わい創出に寄与するものと期待を寄せています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る