ニュース

ぱれっとの会展
  • 2019-04-10(水) 18:06
和歌山市の油絵愛好家のサークル「ぱれっとの会」の作品展が、今日から和歌山市で始まりました。
和歌山市の市民会館展示室で始まった作品展「ぱれっとの会展」には、18人の会員や指導者が描いた風景や花、静物などの油絵を中心に、78点の作品が展示されています。「ぱれっとの会」は月に2度、室内制作や写生会を行い、練習の成果を披露する機会として、毎年、作品展を開催していて、今年で30回目を迎えました。会場には、和歌山市の片男波海岸や海南市の温山荘などの風景のほか、アジサイやユリの花などを題材にした力作が並び、来場者の目を楽しませています。辻本渡会長は「同じテーマの絵でも個性があるので、そこを楽しんでもらいたい」と話していました。
「ぱれっとの会展」は、今月14日まで和歌山市民会館展示室で開かれています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る