ニュース

「令和」に関する本の展示貸出
  • 2019-04-09(火) 17:18
新元号の「令和」に因んだ、万葉集や元号に関連する本の展示・貸出が、和歌山市の県立図書館で行われています。
和歌山市西高松の県立図書館の閲覧室では、新元号「令和」の典拠となった「万葉集」や、元号に関する本およそ100冊の展示・貸出を行っています。閲覧室には、万葉集の文章と現代語の訳文が、梅の花の飾りとともに展示されていて、中には子供でもわかる様に和歌にふりがなと文章の訳が書かれたものや、漫画で万葉集について書かれたものなどもあります。展示を開始した今月5日以降、すでに15冊が貸し出されているという事で、県立図書館の藤井仁美主任司書は「展示を通じて、新しい元号に親しみを持つきっかけにしてもらえれば」と話していました。
この展示は、県立図書館のほか、田辺市の県立紀南図書館でも実施され、今月30日まで開催されています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る