ニュース

山東省ビジネスセミナー
  • 2019-03-25(月) 15:53
県と友好提携を結ぶ中国山東省の省長を団長とする記念訪問団の来県に合わせ、今日、山東省とのビジネスを考える県内企業に山東省を知ってもらおうというセミナーが和歌山市で開かれました。
「県・山東省友好提携35周年記念山東省ビジネスセミナー」は今日、和歌山市のホテルで開かれ、県内の企業の関係者らおよそ250人が出席しました。県と中国山東省は昭和59年に友好提携を締結し今年で35周年を迎えたことを記念し昨日から山東省の省長を団長とする記念訪問団が来県しています。
今日のセミナーでは、山東省商務庁の呂偉副庁長と青島市商務局の徐健副局長が講演しました。この中で、呂偉副庁長は「山東省は新旧エネルギーの転換が進むなどハイレベルな発展をしていて、積極的に外資を誘致している」などと紹介し山東省への投資を呼びかけました。また、徐副局長は「世界の156社が青島に投資している。審査手続きに時間がかからないなどソフト面の環境を整えている」と青島市の特色を強調しました。
山東省は、今年10月に日本との友好大会を開き、日本の中小企業と地元企業のマッチングを図りたいとしていて、この大会には、仁坂知事も山東省とのビジネスを考える県内企業関係者とともに参加することにしています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る