ニュース

選抜高校野球 市和歌山の初戦
  • 2019-03-23(土) 15:03
選抜高校野球大会、今日、開会式直後の第1試合で市立和歌山高校が広島県の市立呉高校と対戦しました。
3万4千人が観戦する中行われた開幕試合、1点を先制した市立和歌山は5回裏、ワンアウト2塁1塁のチャンスに3番緒方が三遊間を破るタイムリーヒット。2対0とリードを広げます。
市立和歌山先発、2年生の岩本は、カーブやシュートを織り交ぜながら相手バッターのタイミングを外すピッチングで、7回途中までノーヒットに抑えます。
2対1と市立和歌山1点のリードで迎えた9回表、呉はワンアウト3塁からスクイズを仕掛け、これがフィルダースチョイスとなり2対2の同点に追い付かれ、試合は延長戦に入ります。
そして、11回裏、市立和歌山は6番山田がヒットと相手エラーで2塁へ進むと、ツーアウトから8番片上がセンター前にサヨナラのタイムリーヒット。
市立和歌山商業の校名で出場した第77回大会以来、14年ぶりの勝利を果たすとともに、この勝利が選抜大会での県勢通算100勝目となりました。
2回戦は大会6日目、今月28日の第2試合で香川県の高松商業高校と対戦します。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る