ニュース

県議選に向け啓発看板設置
  • 2019-03-20(水) 19:08
今月29日告示、来月7日投開票の日程で行われる県議会議員選挙に向け、今日、県庁前に投票を呼びかける啓発看板が設置されました。
和歌山市小松原通りの県庁正門前では今日、県選挙管理委員会の職員の立会いのもと、作業員が啓発看板の設置作業を行いました。
統一地方選挙の第一弾として行われる任期満了に伴う県議会議員選挙は今月29日告示、来月7日投開票の日程で行われます。県議会議員の総定数42に対し、昨日までに和歌山市や田辺市、西牟婁郡など県内14の選挙区に合わせて53人が県選挙管理委員会の事前審査を受けるなど立候補の準備を進めています。
啓発看板は縦1・5メートル、横12メートルで、黄色のベースに赤で大きく投票日の4月7日と「届けよう!みんなの声を県政へ!」のスローガンを載せて投票を呼びかけています。
また、今日は和歌山市のJR和歌山駅中央口など、市内6カ所に投票を呼びかけるのぼりも設置されました。この他、県選挙管理委員会では、今月30日には和歌山市の大型スーパーで来月3日にはJR和歌山駅前で高校生と共に啓発活動を実施するほか、LINEやtwitter、facebook、instagramといったSNSに広告を出すなど、投票率アップに向けた取り組みを進めることにしていています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る