ニュース

和歌山東警察署の巡査長を懲戒処分
  • 2019-03-20(水) 19:06
先月28日、和歌山市内の自宅でスマートフォンのアプリを通じて知り合った女性の体を無理やり触ったなどして、強制わいせつの疑いで逮捕されその後、不起訴処分となった和歌山東警察署の巡査長について、県警は、今日、停職1カ月の懲戒処分としました。
停職1ヵ月の懲戒処分を受けたのは、和歌山東警察署留置管理課の27歳の男性巡査長です。県警監察課によりますと、男性巡査長は先月28日深夜、和歌山市内の自宅でスマートフォンアプリを通じて知り合った、和歌山市内の20代の女性の胸を無理やり触ったなどとして、今月1日、強制わいせつの疑いで逮捕されました。
和歌山地方検察庁は今月15日付けで男性巡査長を起訴猶予処分としていますが、逮捕を重く見た県警は停職1ヵ月の懲戒処分としました。今回の処分について、徳田太志首席監察官は「警察官としてあるまじき行為で職員に対する職務倫理教養を徹底するなど発防止を図りたい」とコメントしています。
なお、男性巡査長は今日付けで辞職したということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る