ニュース

選抜高校野球 対戦相手決まる
  • 2019-03-15(金) 13:25
今月23日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する「第91回選抜高校野球大会」の組み合わせ抽選会が今日、大阪市で開かれ、智辯学園和歌山高校と市立和歌山高校の対戦相手が決まりました。
組み合わせ抽選会は、大阪市の毎日新聞大阪本社で今日、午前9時から行われ、大会に出場する32校の責任教師、監督、主将が出席しました。
まず、同じ地区の出場校同士は準々決勝まで、同じ都道府県は決勝まで対戦がないよう、ブロックやゾーンを振り分けた後に抽選が行われ、3年ぶり6回目の出場となる市立和歌山の米田航輝主将は2番の札を引きました。
一方、2年連続13回目の出場となる智辯和歌山の黒川史陽主将は32番の札を引き、対戦相手が決まるのを待ちます。
このあと、抽選が進み、市立和歌山は大会初日23日の開会式直後の第1試合で広島県の市立呉高校と対戦します。
一方、智辯和歌山は日程が順調に進めば大会6日目、28日の第1試合で21世紀枠の熊本県の熊本西高校と、対戦することが決まりました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る