ニュース

テレワーク推進セミナー
  • 2019-03-15(金) 13:19
ICT、情報通信技術を活用し場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を意味するテレワークを推進しようというセミナーが田辺市で開かれました。
「テレワーク推進セミナー」は田辺市の県立情報交流センター、ビック・ユーで開かれ地元企業や行政の関係者らが参加しました。
これは、テレワーク導入に向けた課題を検討する総務省のモデル地域にも選定されている和歌山県でテレワークの効果や可能性について考えようと開かれたものです。
セミナーでは、東京と福岡にオフィスを構え企業や地方自治体のテレワーク導入を手がけるキャリアシフトの代表森本登志男さんが、「テレワークを活用した新しい働き方」と題して講演し佐賀県庁の全職員を対象としたテレワークを導入した経緯や効果などについて説明しました。
続いて、総務省行政管理局の一員として働き方改革などに取り組む鎌倉市行政経営課の橋本怜子課長がテレワークを通じた新しいライフスタイルについてまた、東京から田辺市に移住したWebデザイナーの森脇碌さんが地域でのテレワークの可能性について話しました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る