ニュース

和歌山信愛高校で女性医師が講演
  • 2019-03-14(木) 18:54
生徒たちがそれぞれの未来を考える手がかりにしてもらおうと今日、和歌山市の和歌山信愛高校で家庭を持ちながら社会で活躍する女性医師の講演が行われました。
女性医師の講演は今日、和歌山市の和歌山信愛高校で行われ、1年生268人が出席しました。これは、女性の地位向上を目指す和歌山市の奉仕団体、国際ソロプチミスト和歌山紀ノ川が女子中高生のキャリアをサポートしようという活動の一つとして開いたもので、橋本市の山本病院の眼科医長、月山純子医師が「しくじりから学ぶ。高校生の頃の私へ」をテーマに講演しました。
この中で、月山医師は高校生の頃知っておきたかったこととして「生産性を上げるには」「自律神経を整えるには」「男性脳と女性脳の違い」の3つを上げました。この内、生産性を上げるには「自分が集中できる時間を知る」「御褒美を準備する」「体調と心の管理をしっかりとする」ことが必要であるとアドバイスしました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る