ニュース

ベトナムのビジネスセミナー
  • 2019-03-12(火) 17:13
ベトナム南部メコンデルタの最大都市であるカントー市との、企業マッチングなどを目指すビジネスセミナーが今日、和歌山市で開かれました。
県民文化会館で開かれたセミナーでは、県企業政策局の稲本英介局長の挨拶に続いて、今日来日したベトナム・カントー市の市長に当たるヴォ・タン・トン人民委員会委員長が「和歌山県とカントー市の企業間交流を促進し、投資や貿易の機会を作っていきたいと考えている」と述べました。
和歌山県は去年10月、安倍首相とベトナムのグエン・スアン・フック首相が立会いの下、仁坂知事がベトナムのチャン・トゥアン・アイン商工大臣との間で貿易や産業連携促進のための覚書を締結しています。
今回のセミナーはこの覚書に基づくもので、県側は食品加工会社を中心におよそ10社が参加したほか、ベトナム側も食品や不動産、観光、それに大学関係者らおよそ20人が参加しました。
カントー市はベトナム南部のメコンデルタに位置し、この地域の経済や観光、教育や医療などの中心的な都市です。
和歌山県とはハイテク農業や農産物の保管、加工技術などの面で協力できる可能性が高く、そうした産業での投資を誘致しています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る