ニュース

鈴木屋敷の復元計画の無事を祈願
  • 2019-03-10(日) 17:08
全国の鈴木姓の発祥の地とされる海南市の藤白神社で今日、「鈴木屋敷」の復元事業の成功を祈願する神事が行われました。
藤白神社の境内には、全国の鈴木姓の発祥とされる鈴木一族が暮らしていた「鈴木屋敷」があり、企業版ふるさと納税制度を活用した復元計画が進んでいます。
今日は、復元計画の成功を祈る神事が行われ、市民グループ鈴木屋敷復元の会のメンバーの他、東京都にある一般社団法人一乃会の代表理事で、能楽者の鈴木啓吾さんらおよそ30人が参加しました。
神事では、鈴木さんが復元計画の存在を知り復曲させたという能の謡曲「鈴木三郎重家」を奉納しました。
また、関係者の代表が玉串を奉納して、参列者一同、復元計画の成功を祈願しました。
この後境内で、復元の会のメンバーが鈴木さんと共に「鈴木三郎重家」を連吟しました。
屋敷は、復元に向けた解体工事が進んでいて、今後3年を目処に元の姿に復元される予定です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る