ニュース

「エルトゥールル号」巡回展示会
  • 2018-09-17(月) 18:14
「エルトゥールル号」の物語を、絵本を通じて知ってもらう展示会が昨日、串本町で開かれました。
串本町出身の絵本の脚本作家、やまぐちさゆりさんは、エルトゥールル号遭難の物語を子どもたちに伝えようと、絵本「タイヨウのくにとツキのふね」を、今年3月に出版しました。絵本では、エルトゥールル号が遭難した際に懸命に救護にあたった地元住民の物語が、主人公「ヒノキチ」を通して描かれていて、この絵本を中心とした巡回展示会をやまぐちさんと串本町出身で、現在、白浜町でトルコ雑貨の輸入販売等を行う本田景士さんが今年7月1日から続けています。
巡回展示会の最終日となった昨日は、串本町の「TSUTAYA WAY串本店」で開催され、絵本に登場するキャラクターや「ツキのふね」が展示されたほか、やまぐちさん本人による絵本の読み聞かせ会が開かれました。やまぐちさんは、この「エルトゥールル号」の物語を広く全国の子どもたちに知ってもらおうと、展示会の全国展開を企画しているということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る